ネイルサロンでの差別化~手の病院サロン in 台湾~

「更新しないブログを載せているHPはイメージを悪くする」と知っていながら、わかっていながら、気付けば、随分放置していました・・・。

今日のテーマは「ネイルサロンでの差別化」についてです。

セミナーでもお伝えしていますが、ネイルサロンはすごい数の店舗数で、とても少ない利用経験率の取り合いをしています。いわゆるレッドオーシャン。しかも「価格破壊」という安易な方法での取り合いをしています。

その方法はネイル業界の価値を下げ、自分たちの首を絞める結果となりました。

もっと他の方法で、しかもお客様が喜ぶ方法でサロンの価値を高め、集客、リピート率をあげ安定した経営を行う・・・そのためには「他サロンとの絶対的な差別化」が必要です。

「手の病院サロン」は、ネイルサロンにおける戦略のあるスキームとなっています。

先日は、弊社スタッフ川原が台湾に行き、「手の病院サロン」の紹介とトリートメントメソッドを紹介して参りました。日本の技術はどこに行っても重宝されます。

関西を中心に広がりつつある「手の病院サロン」ですが、最近では関東、九州、四国などからセミナーを受けに来て頂く事も多くなりました。皆さん、常に差別化を考えておられます。導入サロンさんも増えてきております。セミナーではさらに詳しく全貌をお伝えしております。

【奇跡のハンドトリートメントセミナー 日程】はコチラ

■Before・AfterはInstagramにて大公開中

ID:un-jour.tmk