ネイルサロンの経営で得れる年収は

今日のテーマは【ネイルサロンの経営で得れる年収は】です。

これは、お勤めされているのか、経営しているのかで大きく変わってきます。ですが、経営しているからと言って年収が高いとは限りません。むしろ経営しているからこそ、年収がうんと低いという事も多々あります。

2005年~2010年の、いわゆるネイルバブル期には、誰でも何でも【ネイルサロンを開けば儲かる】という時期でした。この時期に、ネイルサロンを経営していた人は多少の財を得たのではないでしょうか?私もその一人です。

ですが、その頃から「この時期は長く続かない」と常に危機感を持っていました。業界が発展すると、大手が参入し、価格破壊とオーバーストアが起こるのはどの業種でも起こる現象だからです。案の定、ネイル業界も同じ道を辿りました。

私のセミナーでは「お金」の話も多いのですが、ネイリストさんにはドンブリ勘定の方がとても多いです。そういう私も、昔はドンブリ勘定でした。ランニングコストや粗利益や経常利益など完全に無視して、感覚で経営していました。ネイルサロンは、仕入れも少なく、分母(売上)も小さい、ましてや借入してまで経営されてる方が少ないので家計簿感覚で出来てしまうのが理由ではないかと思います。

ネイルサロン経営で得れる年収は、やり方次第です。ランニングコストや、労働分配率、経常利益を考えずに、ただただ値段を下げるような経営では得れる年収は相当低いと思います。

これらの事は、経営をしていく上で、重要な事柄ではありますが、ただ、売上や年収を最重要事項にする経営=お金を追う経営は長くは続かないとも思います。

何に焦点を当てて経営をしていくのか、結果として売り上げや年収が上がる仕組み、最低限知っておきたいお金の事など

【ネイルサロンの「お金」にまつわる超簡単セミナー】

開催します。

お申し込みはライフビューティネイルプロショップまで。

 

リピーターの多いネイルサロンとは

今日のテーマは「ネイルサロンのリピート率」についてです。

ネイルサロンにおいて、新規集客と一緒、もしくはそれ以上の最重要課題です。リピーターが増えなければ、サロンの未来はありません。

毎月、多額の広告費をかけて新規集客をしていても、リピート率が悪ければ、その広告費は全て無駄金です。ネイルサロンが陥る悪循環に

1、多額の広告費をかける。

2、なのに新規集客できない。

3、だから、どこよりも安くして集客を狙う。

4、サロンの魅力が「値段が安い」ことなので、正規料金になると失客する。またはそれ以上に安い価格のネイルサロンが出て来たので、またもや集客が落ちる・・・・

だからまた値段を下げる・・・・の悪循環スパイラルに陥るサロンさんが多いです。

確かに、お客様からすると価格の安さは魅力的です。安くでサービスを提供できるのは企業努力の賜物でもあります。

要するに、価格が安い事が悪いのではなく、それがそのサロンの1番の【魅力=売り】になっていることが問題です。隣に、もっと安いサロンが出来ると、そっちにお客様はサロン替えをされます。

一般的に、キャンペーンなどを設けてプライスダウンしている時のリピート率はいいけど、正規料金に戻ったら失客するという悩みをよく伺います。それは残念ですが、そのお客様にとって、価格と内容が見合ってなかったというジャッジをつきつけられたという事なのです。

ですから、安さ以外のサロンの魅力を持つことが大切です。うちのネイルサロンは、顧客率95%でリピート率は約70%です。故に新規集客に広告などは出す必要がなく、毎月信頼関係の出来ているお客様がご来店頂くのでノンクレームのやりやすい環境でお仕事をさせて頂いております。

ですがうちのネイルサロンはリピート率70%で満足してはいません。残りの30%のお客様にリピートして頂けなかった事を考え、反省し、改善していく・・・17年間答えが出ることなく常に追求していく姿勢をスタッフ全員が持っています。お客様を綺麗にしていく仕事をしてる私達にとって、これは永遠のテーマであり、もしかしたら答えはないのかもしれませんね。

そんなお話もセミナーではさせて頂いております。ワークショップ形式で皆さんの悩みやご相談も承っております。

■【リピート率70%奇跡のネイルサロンの経営術セミナー】その他各種セミナのーのご案内はコチラ

 

 

生き残るネイルサロンとは

今日のテーマは「生き残るネイルサロンとは」というテーマです。

ネイルの市場は、上がっているにも関わらず1ネイルサロンの売上はどんどん低下傾向にあります。これはセルフジェルネイラーやプライベートサロンの増加にも関係していると思います。

そして、オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授の『雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか』という論文の中で、ネイリストは「消える職業」702種の中に入っています。要は近い将来、ネイルの仕事はロボットが行うようになる・・・ということです。

最初、これを聞いた時は正直かなりドキっとしました。ですが、どんどん淘汰されていくのはそうなんでしょうが、それでも日本からネイルサロンが0件になることはないです。

既に、AutoNailなど機械の中に指を入れたら、ネイルアートが出来るようなものは存在しています。もっと精度の悪いものなら、15年前ぐらいからは出来てたと記憶しています。

ネイリストが、「爪の上に色を塗ったり、デザインをする人」という概念なら、それはやっぱりいずれロボットがすることになるでしょう。ただ単にお客様の爪の上にジェルネイルを乗せて、アートを施すだけでは、それこそAIに取って変わられるでしょうし、どれだけ思いがあっても、どこでもやっているような事を続けていれば、いずれはなくなるでしょう。

大事なのは、その数少ない生き残るネイルサロンになるために、今何をするべきかを考え、5年後、10年後・・・を見据えた経営をしていく事だと思います。

 

 

ネイリストのお給料について

今日のテーマは「ネイリストさんのお給料について」です。

これを書くのは、心が痛い・・・この現実はネイルサロン経営者として最重要課題として捉えています。

私がネイリストになったのは、今から約20年前。まだネイルの市場が「無」に近い状態でした。その当時も、かなり厳しかったのですが、「無」の状態だったので、未来が見えたし、光も見えてたのです。

私はOLからの転職でした。その当時はネイルサロンもほとんどなく、働く場所がなく、美容室の一角で「ブースマニキュア」という状態でのスタートでした。海のものか、山のものかわからないネイリストにお給料はなく、完全歩合という条件でのスタートです。先月まで、OLだった私はもちろんお客様0人からのスタートです。その頃はジェルネイルというものもなかった時代です。初月の売上は今でも忘れません。

1ヶ月毎日25日、朝から夜までサロンにへばりついて、売上

9万円

美容室に35%納めるので、手元に残るのは約6万円・・・そこから、自分の交通費、材料代、お客様へのお礼状・・・etc

ほとんど利益はない状態でした。

って、昔話はこの辺にして、20年前は厳しかったのですが、ネイルバブルの到来もあって、私達はイイ時期も経験しました。

そして今現在・・・ネイリストさんの平均月収は

約14万4700円

あんなに大変な認定講師資格保持ネイリストですら

約23万円

こんな状態と、若年性人口の低下もあって年々「ネイリストになりたい人口」が激減し、ネイルの教育市場が衰退しているのです。

でもやっぱり、その根底はオーバーストアと価格破壊だったりします。

ネイルサロンオーナーさんもネイルサロン経営者さんも、自分の元で働いてくれるスタッフさんに良いお給料出してあげたいですよね。そのために経営者は常にいろんなアンテナを張って、勉強しないといけませんよね。

奇跡のネイルサロンの経営術 無料セミナー

 

ネイルサロンの生存率は

今日のテーマは「ネイルサロンの生存率は」です。

「生存率」・・・すなわち、生き残るサロンの割合の事です。

ネイルサロンは、年々、増加傾向にあります。スクラップアンドビルド状態です。大型都市の大規模サロンがどんどん潰れ、小型の低単価サロンがどんどん出来る傾向にあります。

ってことは、オーバーストアと価格破壊が止まらない業種という事になります。そして、ネイルは「超・贅沢産業」でもあるので、本当にネイルサロンオーナー、ネイルサロン経営者の皆さんにとっては深刻な問題です。

ゆえに、ネイルサロンの10年生存率は

たったの5%なのです。

100店舗あれば、10年後は5店舗しか生き残らない、この現実をどう受けとめ、どう経営していくのか・・・。ネイルサロンオーナー、ネイルサロン経営者は「集客」「リピート率」「人材育成」「技術」・・・学ぶ事がたくさんですね。

そんなお話しを、無料セミナーでもさせて頂いております。

ぜひお越しください。

奇跡のネイルサロンの経営術 無料セミナー

ネイルサロンを経営するということ

ネイルサロンun-jour(アンジュール)の土屋です。

このブログは、私が現場のネイリストとして、そしてネイルサロン経営者として日々感じている事を紹介してまいりたいと思います。

私共のサロンが【奇跡のネイルサロン】と言われているのは、有料広告掲載を一切せずに、リピート率70%以上を保ち17年間継続させている事から来ています。

このURLの【Two-Sword Style】は二刀流という意味です。今まで何人もの経営コンサルタントと話をしましたが、現場に立つネイリストとして、ただの<机上の空論>に聞こえ、現実味のない話に全くしっくりこなかったのです。いつも現場のネイリストでありネイルサロン経営者としての両面の角度から、いろんなことを考えます。

私は、経営コンサルタントではありませんので現場のネイリストとして日々当然と思いながら色々な事を行ってますが、この事が実は当たり前ではなかった結果、奇跡のネイルサロンと言われるようになった所以です。

ただの一人のネイリストとして集客やリピート率、売上をあげるために日々行っているあれこれと17年以上継続させる秘訣をご紹介して行きたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。